製造業向けAI外観検査ソフトを搭載したワークステーションが発売

システム計画研究所(ISP)は8月21日、製造業向けAI外観検査ソフトウェア「gLupe」評価版が、日本HP製ワークステーション「Z2Mini」にバンドルされ、菱洋エレクトロより「Deep Learning外観検査評価キットfor Windows」として販売されると発表した。

製造業向けAI外観検査ソフトウェア「gLupe」の画面

同ソフトウェアは、同社独自の技術を用いることで、少量の正常データを学習して不良品を検出することを可能にしたもの。AI/Deep Learningの活用により、数枚のデータから正常状態の特徴を学ぶため、大量の異常データの収集・学習が不要であり、製造ラインへの導入コストを抑えることができるとしている。

なお、同社は、これまでAI/Deep Learningでは対応の難しかった課題を解決することができるようになるだけでなく、学習データ収集のハードルが下がることによって、今後、FA・監視分野のAI化がより加速していくと予想されるとコメントしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事