ソース焼きそばにラーメンのスープ!?クセになるご当地B級グルメ

こばや食堂

こばや食堂【栃木県】

全国各地に数あるB級グルメ。もちろん、那須塩原にもありますよ!その名も「スープ入り焼きそば」。名前の通り、ソース味の焼きそばに醤油味のスープを注いだもの。この驚きの組み合わせが人気となり、塩原温泉郷にはこのメニューを提供する店が何軒もあって、行列ができるほど。その中から「スープ入り焼きそば」の二大巨頭と言われるお店の一軒「こばや食堂」をご紹介します。

醤油味のスープに溶けだしたソースの香りと甘味が食欲をそそる!

 スープ入り焼きそばの歴史は今から50年以上昔にさかのぼると言われています。かつて塩原にラーメンの麺で焼きそばを焼いて提供する「新生食堂」という店があり、そこの裏メニューにあったのがスープ入り焼きそば。常連さんだけに出されていたこのメニューが口コミで話題となり、今に至っているのだとか。  今回ご紹介する「こばや食堂」は、先代が新生食堂から、じきじきに作り方を伝授されたと言います。その後改良を重ね、現在の味にたどり着き、今では塩原を代表する行列必須の有名店に。  同店のスープ入り焼きそばは、食感と見た目を考慮しラーメン用のストレート麺を使用。これを豚肉とキャベツと一緒に炒めて特製ソースで味付けし、丼に盛り付けたところに醤油味の鶏ガラスープを注いで完成。見た目は完全にラーメンですが、立ち上る香りは焼きそば。そして、肝心の味はというと…最初は特製ソースのバランスのよい甘味と酸味を感じ、焼きそばの味が強いのですが、ソースの味が徐々にスープにとけだし、絶妙な風味に変わっていきます。このスープがやみ付きになる味で、ついついれんげが止まらなくなります。リピーターになる人が続出するという話も納得の美味しさ。  ストレートソース焼きそばに醤油スープが合うの?と疑問に思った人は、いい意味で想像を裏切られるはず。ぜひ、塩原のご当地グルメ、チャレンジしてみてください!


本記事は「マイナビトラベル」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

新着記事