住友金属鉱山、燃料電池向け酸化ニッケル粉の量産化実証設備を導入

住友金属鉱山は8月22日、燃料電池の電極用高純度酸化ニッケル粉の量産化実証設備を導入すると発表した。

燃料電池は水素と酸素を化学反応させて電気と熱を作り出すクリーンな発電システムで、近年、日本をはじめ世界各国で住宅から店舗、工場用など幅広い用途の発電設備として導入と普及に向けた計画が策定されており、今後の成長が見込まれている。

燃料電池には複数の方式があるが、酸化ニッケル粉はその中で最も発電効率の高い固体酸化物形燃料電池(SOFC)の電極に使用される。同社ではSOFCの発電効率や耐久性の向上に寄与する、微細で高純度な酸化ニッケル粉を開発してきた。

燃料電池材料:酸化ニッケル (出所:住友金属鉱山Webサイト)

今後、燃料電池の本格的な製品化に向け、酸化ニッケル粉の需要増加が見込まれることから、2018年度前半をめどに愛媛県新居浜市内の同社保有地内に量産化実証設備を導入するという。

なお、同社はすでに、車載向け二次電池正極材料(ニッケル酸リチウム)の生産増強を実施しており、今後はニッケル原料の製錬から材料製造までの一貫した生産プロセスを保有する強みに加え、さまざまな機能性材料の開発、生産で培った粉体制御と量産技術を活かし、市場ニーズに応えながら環境に優しいエネルギー社会の構築に貢献したいとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事