千原ジュニア、松居一代の米国進出目標に「綾部より早いかも」

お笑い芸人の千原ジュニアが22日、TBS系情報番組『ビビット』(毎週月~金8:00~9:55)に生出演。米国進出への意欲を示した女優の松居一代について、「綾部より早いかもしれない」と、渡米が遅れているピースの綾部祐二と比較した。

千原ジュニア

番組では、俳優の船越英一郎と泥沼離婚騒動を繰り広げている松居が、20日に都内の自宅に戻ったことを受けて直撃した様子を紹介。帰宅した理由は「ボランティアをしていた地区の住民が仮設住宅に入居できた」「家の植木や花の形が崩れ郵便物が約200通もたまっている」「還暦祝いとして購入した高級車ベントレーの納車のため」と明かした。

また、今後の目標について「ニューヨークに行ってマツイ棒などの技術を伝える」と海外進出への意欲を告白。マンハッタンに住んで活動したいと考えているという。MCの国分太一は「松居さんは必ず行動に移す方。口に出すということは、いつかはニューヨークという気持ち強いんですかね」と話した。

千原ジュニアも「行動力からいうと綾部より早いかもしれないですね」と推測し、綾部の近況を聞かれると「まだ原宿にいます」と説明。綾部は4月から米ニューヨークに拠点を移すと宣言していたが、就労ビザの取得に時間がかかり渡米が遅れている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事