アイル、データ改竄防止に向け業務管理クラウドにブロックチェーン導入

アイルは8月21日、シビラが開発したブロックチェーン「Broof」を、業務管理クラウドサービス「CROSSシリーズ」において運用を開始したと発表した。

「CROSSシリーズ」は、アイルが中堅・中小規模の小売業向けに開発・提供している業務管理クラウドサービス。「CROSS MALL」、実店舗とネットショップのポイント・顧客情報を一元管理する「CROSS POINT」などから構成される。

「Broof」は、Fintech以外での利用を目指したブロックチェーンで、エンタープライズ領域にも適用可能な高い堅牢性・パフォーマンス・トレーサビリティを持ち、柔軟なスマートコントラクトの実行も可能にするという。

今回、「CROSSシリーズ」の一部機能において、いつ誰がどのような操作をしたか記録する「監査ログ」の管理を「Broof」で行うことをスタートした。これにより、クラウド上に蓄積されている、顧客企業の販売・顧客情報といった重要なビッグデータの改竄を防止する。

「CROSSシリーズ×Broof」のイメージ

アイルは今後、Broofの特徴を生かし、不正アクセスやヒューマンエラーによるサービス停止障害などを防止する、次世代セキュリティを兼ね備えた業務管理クラウドサービスの実現を目指す。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事