メルカリ、ブランド品に特化したフリマアプリ - 写真による自動査定も

メルカリのグループ会社であるソウゾウは21日、ブランド品に特化したフリマアプリ「メルカリ メゾンズ」の提供を開始した。対応OSはiOS 10.0以降およびAndroid 5.0以降。利用は無料だが、フリマアプリ「メルカリ」とアカウント登録が必要。また、出品者には所定の手数料が必要となる。

メルカリ メゾンズ

「メルカリ メゾンズ」は、アプリから出品商品の写真を撮影することで、ブランド品を査定できるフリマアプリ。「メルカリ」上の販売実績や中古市場などのデータを利用することで、出品したいブランド品の写真を撮影し商品状態を入力すると、売却相場価格を自動で査定できる。査定情報はマイページ保存でき、高値で売れやすいタイミングが来た場合に通知を受けることも可能。同サービスの購入品が偽ブランドの恐れがある場合、同社基準に基づく調査を行い、補償条件に合致した場合に商品代金が返金される。

アプリでは機械学習を導入し、ユーザーが撮影した写真からブランド名や商品名、模様などの商品情報を自動的に判別して入力する。リリース時はルイ・ヴィトン、シャネルのバッグおよび財布のみに対応するが、今後対象ブランドを拡大予定という。

商品は「メルカリ メゾンズ」に加え、「メルカリ」にも同時出品される。落札後の配送はメルカリで使われている匿名配送サービス「らくらくメルカリ便」・「ゆうゆうメルカリ便」などが利用可能。手数料として販売価格の10%および、1万円未満の売上金引き出し手数料210円がかかる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事