サンコー、細い隙や穴などを検査可能な先端径2.2Φの工業用内視鏡を発売

サンコーは、通常の内視鏡サイズでは見ることができない細い隙や穴などを検査できる、先端径サイズ2.2Φの内視鏡「2.2mm径 非破壊検査工業用内視鏡」を8月18日に発売した。価格は59万8000円(税込)。

超極細 2.2mm カメラ径内視鏡

同製品は、先端径サイズ2.2Φという極細の内視鏡。一般的な径サイズ(5mmほど)の内視鏡が入らない自動車のエンジン内部や精密部品、小口径パイプ、金型などの細い隙間や細い管の中などを調査できる。カメラケーブルは約1mで、その先端には調光可能なLEDライトが2灯搭載されており、暗い場所でもはっきりと見る事ができる。

3.5インチ大型モニタを搭載し、パソコンに繋がなくてもその場で録画した映像や画像を再生・確認できる。また、データはmicroSDカード(16GBまで)に保存でき、付属のAVケーブルを使用して、テレビなどに出力する事も可能となっている。

一般的な工業用内視鏡と比べて圧倒的な細さを誇る

また、カメラケーブルについているコントローラーでライトの明るさを調整できるほか、AWB(オートホワイトバランス)や、映像を一時的に固定するFreeze機能などを搭載する。

サイズは、モニターが幅100mm×高さ82mm×奥行35mm、カメラケーブル長は1070mm。重さは208g。充電時間は3時間で連続稼働時間は約2時間(状況により異なる)。最短焦点距離は4mm、視野角120度、防水性能はIPX6。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事