[週刊少年ジャンプ展]第1弾後期スタートで100点以上の原画入れ替え 「電影少女」など複製原画も販売

「電影少女」の複製原画(C)桂正和/集英社 価格3万5000円

 1968年に創刊されたマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の歴史を振り返る企画展の第1弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1創刊~1980年代、伝説のはじまり」の後期展示が9月1日、森アーツセンターギャラリー(東京都港区)でスタートする。同展は7月18日より前期が始まっており、後期では「キン肉マン」「DRAGON BALL」「キャプテン翼」などの作品の原画が新たに展示され、100点以上の展示原画が入れ替えられる。また、「電影少女」「ストップ!!ひばりくん!」など8点の複製原画を、新たに公式ショップで販売。後期展示に先駆け、原画、複製原画の画像が公開された。

 同展では原画のほか、「キン肉マン」で、キン肉マンとキン肉マングレートが、アシュラマンとサンシャインに必殺技のマッスル・ドッキングを決めたシーンを再現した全高約3.5メートルの立像なども展示されている。

 来春開催予定の第2弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃」では、「DRAGON BALL」「SLAM DUNK」「幽☆遊☆白書」「るろうに剣心」「遊☆戯☆王」などが登場。来夏開催予定の第3弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)」では、「ONE PIECE」「NARUTO‐ナルト‐」「DEATH NOTE」「ハイキュー!!」「暗殺教室」などが登場する。

 「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」は森アーツセンターギャラリー(東京都港区)で、10月15日まで。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事