燕・藤井、田尾氏が3打席目までは「悪すぎ」と話すもマルチ!

ヤクルトの藤井亮太(C)KYODO NEWS IMAGES

「2番としては最悪と言っていい内容ですよ。藤井の3打席は、あまりにも悪すぎますよね」。

 18日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-ヤクルト戦』で解説を務めた田尾安志は、2番でスタメン出場したヤクルト・藤井亮太の3打席目までをバッサリ。

 3打席目まで悔しい打席となった藤井だが、1点リードの7回一死一塁の第4打席で、レフト前にポトリと落ちるヒットでチャンスを広げる。この打撃に田尾氏は「当たりはよくなかったですけど、やっと藤井が仕事をしましたね。今日のバレンティン、山田が2人で4本もヒット打っていますから、期待できる選手に回っていきましたよね」と納得した様子。

 3番のバレンティンがヒットで繋ぎ満塁となると、4番の山田哲人が満塁本塁打で試合を決めた。

 藤井は一死後、5打席目にもバットを折りながらも内野安打で出塁し、2試合連続となる今季13度目のマルチ安打を記録した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事