Synology、CPUやメモリを強化した入門用4ベイNASサーバ

台湾Synologyは17日、4ベイNASサーバ「DiskStation DS418j」を発表した。8月下旬に発売する。店頭予想価格は35,000円前後(税別)。

DiskStation DS418j

4台のHDDを内蔵できる4ベイNASサーバ。CPUにはデュアルコアのRealtek RTD1293(1.4GHz)を、メモリにはDDR4 1GBを搭載し、転送速度はリード112MB/秒、ライト87MB/秒(RAID 5設定時)に達する。最大内部生容量は40TBまでで、シングルボリュームの最大サイズは108TBまでをサポートする。

RAIDの構築も可能で、対応RAIDモードはRAID 0 / 1 / 5 / 6 / 10 / JBOD / Basic / Synology Hybrid RAID。OSには、直感的な操作が可能なDiskStation Manager(DSM)を採用し、バックアップやマルチメディアなど、対応アプリも豊富に用意されている。

インタフェースは1GbE対応有線LAN×1基、USB 3.0×2基。冷却用に80mmファン×2基を内蔵。前面にあるLEDランプは4段階で明るさを調整できる。消費電力はフル稼働時で21.22Wと省電力性にも優れる(HDD休止状態時:8.97W)。最大ローカルユーザーアカウント数は1,024、最大同時接続数は100。本体サイズはW168×D230×H184mm、重量は2.21kg。

クリックで拡大

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事