人工知能ロボット「Kibiro」の法人向けパッケージを発売 - FRONTEO

FRONTEOと、同社の子会社・FRONTEOコミュニケーションズは8月17日、人工知能ロボット「Kibiro(キビロ)」の法人向けパッケージ「Kibiro for Biz」を販売開始した。開始時期は2017年9月下旬。

「Kibiro for Biz」

「Kibiro for Biz」は、ショールームや受付など、接客が必要な場所においてKibiroをより活用しやすい機能を搭載したパッケージ。Kibiroがスライドショーを使って説明を行う既存の「プレゼンテーションパッケージ」の内容をさらに強化したものとなっている。

タブレット上のスライドショーに連動してKibiroが音声と動きで案内を行う「プレゼンテーション」機能のほか、来訪者から問い合わせの多い内容をあらかじめ設定したFAQのガイダンスを行う「問い合わせ対応」、来訪者から「アンケート」をとる機能のほか、待機中のKibiroの自社専用対話シナリオの追加、接客時のログデータの収集、多言語対応(日英中)などを用意している。また、kibiroが収集したログデータの分析によってマーケティング活用が望めるとしている。

なお、「Kibiro for Biz」の価格については要問い合わせとのこと。販売開始を記念した期間限定のキャンペーンでは、元値から割り引きを行うとしている。また、2017年9月1日には「Kibiro for Biz」の活用・体験セミナーも開催される。詳細は同社のWebページにて。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事