スコットランド議会、サイバー攻撃を受ける

The Independentに8月16日に掲載された記事「Scottish Parliament being subjected to 'brute-force' cyber attack, authorities say|The Independent」が、スコットランド議会がブルートフォースサイバー攻撃を受けていると伝えた。この攻撃は数日間継続するものと見られている。

この攻撃の実行者は政治家の電子メールアドレスやインターネットアカウントの窃取を狙っていると推定されている。今のところ、攻撃は成功していないとしているが、セキュリティ対策の手順に従って関連するアカウントは凍結状態にあると説明がある。

BBCやABC Newsの報道によると、議会の事務総長を務めるPaul Grice氏が、システムから情報が流出した痕跡はないと語ったという。しかし、今後も攻撃が続くことが予測されているため関係者には注意が呼びかけられている。

この攻撃は6月に行われたウェストミンスター議会に対するサイバー攻撃に類似していると説明がある。ウェストミンスター議会に対する攻撃は4日間に渡って続いたとされている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事