米Google、スマートスピーカー「Home」に電話とのハンズフリー無料通話

米Googleは8月16日 (現地時間)、米国およびカナダにおいて、対話型デジタルアシスタントを利用できるスマートスピーカー「Google Home」に電話と無料通話できる機能の追加を開始した。

無料通話は、今年5月に開発者カンファレンスGoogle I/Oで提供を予告していた機能だ。「Hey Google, call Dad」というように話しかけるだけで、Google Assistantが電話へのネット通話を開始する。電話をかけられるのはユーザーのGoogleアカウントのコンタクトに登録してある人と電話番号がリスティングされているビジネス。Google Assistantは登録された声でユーザーを聞き分けるので、複数ユーザーでGoogle Homeを共有している場合でも、フルネームを言わずに「Call Dad」と言うだけで、その人の父親に電話をかける。電話がつながったら、Google Homeをスピーカーフォンにしてハンズフリーで会話できる。

ビジネスへの電話も「Hey Google, call Bonnie's Flowers」というようにビジネス名を述べるだけで、Google Assistantが電話をかけてくれる。「What is the nearest pharmacy? (もっとも近い薬局はどこ?)」というように聞いて、検索結果から「Call them」と通話を頼むことも可能。

無料通話機能は、Google Homeの設定で「Personal results」が有効になっていて、Googleコンタクトと同期されるようになっていたら、ユーザーの電話を登録することなくすぐに使用できる。シンプルに使えるが、一方で機能は制限される。1-900番号など特別な料金がかかる通話や国際電話は、Googleの携帯電話サービス「Project Fi」の契約者またはGoogleの電話サービス「Google Voice」のユーザーを除いて利用できない。また、電話をかけた相手に発信者IDが「不明」と表示されるので、誰からの電話か判らなくて受けてもらえない可能性がある。これは年内のアップデートでユーザーの携帯電話の番号が通知されるようにするという。

今年5月に米AmazonもデジタルアシスタントAlexaを使って無料通話ができる機能をEchoシリーズのデバイスに追加した。Amazonの無料通話は、相手がEchoデバイスを使用しているか、スマートフォンにAlexaアプリをインストールしておく必要がある。Google Homeは電話への発信にフォーカスしている点でAlexaの無料通話機能と異なる。

人気記事

一覧

新着記事