星のや軽井沢、スパプログラム「きのこ美人滞在」を開催

星野リゾートが運営する滞在型リゾート「星のや軽井沢」(長野県軽井沢町)は9月1日~11月30日(除外日あり)、きのこの新しい魅力に出合える2泊3日のスパプログラム「きのこ美人滞在」を開催する。

きのこ成分配合の化粧品を使ったスパトリートメント(※イメージ)

同施設がある長野県は、低カロリーで食物繊維やビタミン、ミネラルなど栄養素を多く含むきのこの全国有数の生産地でもある。えのき茸やぶなしめじ、エリンギなど複数の種で国内生産量第1位を誇る。そのほか、一般にあまり流通しないようなきのこも数多く自生しているとのこと。

同プログラムは、きのこを使った食事やスパトリートメント、きのこ狩りなど、きのこを全身で体感できる内容になっているという。

ウェルカムスイーツは、同施設に隣接する「軽井沢ホテルブレストンコート」のパティシエが作る「きのこのモンブラン」を用意する。パウダー状にしたきのこをシャンティイクリームとキャラメルメレンゲに加えたスイーツで、口の中に入れるとほのかにきのこの香りが漂うとのこと。2種のきのこ茶(椎茸・山伏茸)も用意する。

スパトリートメントでは、きのこ成分(ホウロクタケ菌糸体エキス)配合の化粧品を使ったフェイシャルトリートメントを含む、80分のフルトリートメントを受けられる。季節の変わり目に揺らぎがちな肌を健やかにととのえるとのこと。

客室できのこ狩りも楽しめる。客室のテラスに用意された一辺が約10~15cmの菌床から、舞茸やタモギタケなど2~3種のきのこを採取できるとのこと。採ったきのこは土産として(希望があれば菌床ごと・手荷物もしくは別料金のクール宅配便にて)自宅へ持ち帰ることもできるという。

客室できのこ狩りも楽しめる(※イメージ)

夕食はメインダイニング「日本料理 嘉助」で、きのこ鍋をメインとしたきのこの特別鍋会席を提供する。後口にえのきの風味が感じられるえのき茸焼酎も楽しめる。朝食は、椎茸やアワビ茸などきのこの炭火焼をメインとした特別朝食を用意するという。

きのこを味わう食事を用意(※イメージ)

また、滞在中は「きのこ散歩」も体験可能。軽井沢で自然観察ツアーを行っている「ピッキオ」のスタッフと共に約1時間、同施設の敷地内や隣接する「野鳥の森」を散歩するツアーで、きのこの姿を探しながら、きのこの生態や動植物についての解説を聞けるとしている。

同プログラムの開催期間は9月1日~11月30日。除外日は9月16~18日、23~24日、10月7~9日、11月3~5日。価格は1名6万5,000円(宿泊代・税・サービス料別)。予約は7日前の24:00まで受け付ける。なお、別途宿泊予約も必要。同プログラムは1日1組限定。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事