芭蕉も愛した絶景を湾の中から一望する

松島島巡り観光船

松島島巡り観光船【宮城県】

日本三景のひとつ松島には、大小合わせて260余の島々があり、芭蕉も歌に詠むほどの美しい景観を誇る地。その湾内を約40~50分かけて一巡りする松島島巡り観光船をご紹介します。

大小さまざまな島の成り立ちを聞きながら湾をひと巡り

 松島湾は、湾に浮かぶ島々の景観が美しいのはもちろん、そこで生活を営む人々がその景観と共存している姿も世界的に評価が高いことでも有名です。陸地から、湾を一望できる場所もありますが、どうせだったら観光船に乗って、湾の中から景色を満喫したいもの。そんな時に利用したいのが、この松島島巡り観光船です。大型船で湾内を50分かけて巡る「仁王丸コース」(定期便)のほか、団体・小グループ向けの要予約のコースがあります。

 船内は、1階が普通船室、2階がグリーン船室に分かれています。よりゆったりと楽しみたい方は、プラス600円でソファやテラス席があるグリーン船室に行ってみましょう。船が走り出すと、目の前には仁王島、鐘島(写真)、桂島など大小の奇岩が現れて、次々と移り変わる風景を満喫できます。船内放送で、それらの島々の解説が流れるのも嬉しいポイント。ただ「美しい」と感嘆するのではなく、松島に対する知識をより深められます。松島に来たら、是非時間を取って、この観光船に乗船してみてはいかがでしょうか?


本記事は「マイナビトラベル」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

新着記事