ブルージェイズ、逆転負けで連勝ストップ 青木は代打で空振り三振

ブルージェイズの青木宣親

● ブルージェイズ 4 - 6 レイズ ○
<現地時間8月15日 ロジャース・センター>

 ブルージェイズの青木宣親が15日(日本時間16日)、本拠地でのレイズ戦に代打で出場したが、空振り三振に倒れた。チームは逆転負け。連勝は「3」でストップした。

 青木は2点を追う9回裏に先頭打者として登場。レイズの守護神・コロメに対しファウルで粘ったが、最後は7球目の直球に対応できず空振り三振に倒れた。青木は代打で投ゴロに倒れた前日に続き、2戦連続の無安打。今季の打率は.268となった。

 ブルージェイズは2回、6番ピラーの適時二塁打で先制するも、その後、先発のエストラダが捕まり5回途中6失点。反撃も及ばず2点差で敗れ、4連勝を逃した。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事