広島・鈴木、8月4本塁打も谷繁氏は「外の変化球に…」

広島の鈴木誠也

 11日終了時点で2試合連続本塁打を記録していた広島の鈴木誠也。8月の月間打撃成績は打率.308、4本塁打、11打点(11日終了時点)を記録し、首位を走る広島の4番打者としてチームを引っ張っている。

 打撃の状態が良いように見えるが、12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 広島-巨人戦』で解説を務めた谷繁元信氏は「ホームランは出ているんですけど、外の変化球に少し脆さがあるんですよね」と話す。

 この日の第3打席も、巨人の先発・菅野智之が投じた外角のスライダーを当てにいくも二飛に倒れた。谷繁氏はこの打撃を見て「先っぽですね。最近追い込まれてからの変化球を当てにいくバッティングをしているんですよね」と指摘。

 「(外の変化球を)しっかり待って振れるようになれば、調子が良いと見ていい」。現時点で打率.304、25本塁打、87打点を記録する鈴木だが、外の変化球をしっかりと対応できるようになれば、さらに怖い打者になりそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事