男の子はみんなロボットがだ~いすき。未来への夢が広がる!

ロボスクエア

ロボスクエア【福岡県】

産業用のみならず、医療や介護、災害救助、あるいは家事などでもロボットの可能性は無限。このロボスクエアは、そんなロボットに親しみ、学び、ロボットを創造していく施設。「21世紀のリーダー100人」にも選出された北野宏明工学博士の構想のもと、福岡市を中心に設立されました。ここには100種類近く、200体以上のロボットが展示され、また実際に動いています。訪れた人を楽しませる仕掛けもたっぷり。

ロボットの種類ってこんなにあるの!? ロボットについてより理解が深まる施設

ももち浜のすぐ近く、TNC放送会館の2階スペースにさまざまな種類のロボットが展示されています。開設は平成14年(2002)といいますから、ここは意外に古くからある施設だったんですね。 ロボスクエアの目的は、まずロボットに親しむことのできる集客施設であるということ。次に、ロボットについて学び、科学技術を通じた人材の育成。そして、ロボット関連企業と連携し、ロボット産業振興の支援を行う施設であることの3つ。もとより、日本は世界的にもロボット先進国。ここロボスクエアから、さらにまた画期的なロボットが生み出されるのでしょうか。 展示は、懐かしの「AIBO」をはじめ、二足歩行の「PINO」やティッシュ配りロボットの「モスペンくん2号」、レスキューロボット「SR-01」などさまざま。実際に触れることができ、また係員が丁寧に解説してくれるので、ロボットに対する興味がますます湧いてきます。人気ロボットによるライブショーなども楽しいイベント。 体験コーナーでは、ロボット工作教室、プログラミング教室などが行われています。また、施設内のお土産コーナーでは各種ロボットグッズ、工作キットなども販売されているので、家に帰ってからも楽しめます。


本記事は「マイナビトラベル」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

新着記事