Surface ProとLaptopは「推奨失格」、米Consumer Reportsが評価格下げ

非営利の消費者団体である米Consumer Reportsが、信頼性の不安を理由にMicrosoftのSurfaceシリーズのノートブックおよびタブレットから「推奨 (Recommended)」を外した。

Consumer Reportsはメンバーが実際に使用している製品に関するサーベイ調査を定期的に行っている。90,000人以上が参加した最新調査のデータを加えた分析で、SurfaceのモバイルPCは使用開始から2年間で問題が起こる可能性の推定値 (Estimated breakage rate)が25%と高かった。最も低かったAppleは10%、多くのメーカーが20%を超えているものの、主要なPCメーカーと比べてSurfaceの数字は高かった。

今回「推奨」が外されたのは「Surface Laptop」の128GBモデルと256GBモデル、「Surface Pro」の128GBモデルと512GBモデルの4つ。Microsoftは2012年にSurfaceの販売を開始したばかりで、これまで十分なユーザーデータを収集できていなかったことから、Consumer Reportsは信頼性の推定値を出していなかった。推定値を加味した初めての評価で推奨を取り消した。

Consumer Reportsの評価に対して、Microsoftは「Surface所有者の本当の体験または世代ごとに積み重ねられてきたパフォーマンスや信頼性の改善が正確に反映されていない」と反論している。

Consumer Reportsの評価は、調査を行った時期やバグなど様々なことに影響される。今回のサーベイ調査の回答者が体験した問題にはフリーズや突然のシャットダウンが含まれ、購入からすぐに起きた問題もあったという。「Surface Pro」は発売後に、突然スリープモードに入ってしまう問題の報告を受け、その後のアップデートで問題は修正された。Consumer Reportsの評価というと、バッテリー動作時間が不安定になるという理由で昨年末にAppleの「MacBook Pro」が「推奨」を取り消されて論争になった。その時にはSafariのバグが影響し、またConsumer Reportsのバッテリー動作時間テストの方法にも問題があった。それらを踏まえて再テストした結果、MacBook Proの評価は再び「推奨」になった。

人気記事

一覧

新着記事