[キンコン西野亮廣]今度は出版社設立 「村上春樹、東野圭吾の本を売る」?

「こたつ会議 EXTRA!大阪の『OMOIROI』パインアメを考える。」の出演者

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(あきひろ)さんが8日、グランフロント大阪のナレッジシアター(大阪市北区)で行われたイベント「こたつ会議 EXTRA!大阪の『OMOSIROI』パインアメを考える。」で、自ら作詞作曲した「パインアメ」のPRソング「Stay My Love」を初披露した。さらに西野さんは出版社を設立したことを明らかにし、「まず村上春樹さんと東野圭吾さんの本を売って、それで自分の本も売る」という構想を語った。

 「こたつ会議」は、時代を動かすオピニオンリーダーが、こたつを囲んで「OMOSIROI」を語り合う新しいスタイルのトークイベントで、今回はその「EXTRA」版。西野さんのほか、北海道テレビの人気バラエティー番組「水曜どうでしょう(水どう)」の藤村忠寿エグゼクティブディレクターと「ダウンタウンDX」の元プロデューサーで読売テレビの西田二郎・編成企画部長、シンガーのメロディー・チューバックさんが出演。「パインアメ押しかけコラボ」を展開するFM OH!(FM大阪)のDJ下埜正太さん、赤松悠実さん、前田彩名さんも参加して、特別番組の公開録音も行われた。

 イベントでは、西野さんがMCを務めるバラエティー番組「ガリゲル」(読売テレビ)のイベントをきっかけに商品宣伝のオファーを受けて制作した「Stay My Love」のプロモーションビデオ(PV)が放映され、ジャズ調の曲に合わせオダギリジョーさんになりきる西野さんの姿を見て、会場は爆笑。恥ずかしがる西野さんに、藤村さんは「公開処刑だな」と突っ込んだ。

 その後、藤村さん作詞、西田さん作曲でパインアメのPRソングとして競作した「キイロイアメノウタ」のPVが流れ、メロディーさんのしっとりした歌声の哀愁漂うバラード調の曲に会場の雰囲気も一変し、西野さんは「先でよかった」と本音を漏らしていた。さらに、西野さんがアコースティックギターで生歌も披露。メロディーさんも見事な歌唱力で観客を魅了した。

 トークセッションでは、西野さんが今回の楽曲制作で「ディズニーの背中が見えた」と語り、初の作詞をした藤村さんも「阿久悠が見えた」と自画自賛。西田さんは「うちの曲に、固有の商品名は入っていません」と、NHK紅白歌合戦を意識した発言も飛び出した。さらに西野さんが「先々週、出版社を作った。よしもとには事後報告」と爆弾発言。「自分の本だけ売れてもだめな時代。SNSやテレビなど、本以外のエンターテインメントにまず勝たないといけない」という持論を展開。「まず村上春樹さんの本を売って、東野圭吾さんの本を売って、それではじめて自分の本も売れていく」と戦略を披露した。

 エンディングでは、パインアメを製造する「パイン」の上田豊社長から西野さんに「特命配布課長」が、メロディーさんには新たに「特命配布主任」が任命された。昨年「主任」に任命されていた西野さんが“2階級特進”となることになり、上田社長は「この調子でいくと、あと3回辞令が出れば社長です」と笑顔を見せた。イベントの模様は、13日午後7時からFM OH!で特別番組として放送される。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事