[ポケモン]劇場版アニメイベントで松本梨香と林明日香が熱唱

劇場版アニメ「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の大ヒット御礼イベントの様子

 劇場版アニメ「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」(湯山邦彦監督)の大ヒット御礼イベントが10日、横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)で行われ、主人公・サトシの声を演じた松本梨香さん、エンディングテーマを担当した林明日香さんが登場した。会場に集まった約1500人の観客の前で、松本さんはオープニング曲の「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」を、林さんはエンディング曲の「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」などを披露した。

 この日は、同所でピカチュウがウオーターキャノンから発射される大量の水の中でショーを行う「ずぶぬれスプラッシュショー『水のカーニバル』」が開催されており、そのステージに2人がサプライズ登場。松本さんがテーマ曲のサビを歌う場面では、観客が大合唱で応じていた。

 松本さんは「この歌でポケモンが始まり、あっという間に20年がたちました。毎日毎日この歌を歌っていて、この歌を歌わない日はこの20年間で1日もなかったと思います。今回、このような形でこの歌を皆さんにお届けできたことがすごくうれしいです。20年、頑張ってきてよかったな、と思います」と思いを語った。

 また、林さんは「梨香さんと、ポケモンの映画に14年ぶりに関わることができて、本当にうれしいです。それにもまして、私は松本梨香さんという人が、本当にサトシのような人で、優しくて大好きです。梨香さんのことを語ると日が暮れてしまうんじゃないかというほど、大好きです」と尊敬の意を伝えていた。

 「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」は、人気ゲーム「ポケットモンスター」が原作の劇場版アニメ最新作。テレビアニメの放送開始20周年を記念した作品で、サトシとピカチュウの出会いや、20年前に放送された初回放送のラストで、サトシとピカチュウが伝説のポケモン・ホウオウに「いつか、会いに行こうぜ!」と誓った約束の続きが描かれた。7月15日から公開され、9日までで観客動員は約195万人、興行収入は約22億7000万円を突破している。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事