Azure App Serviceで継続的デプロイ「Azure App Service plugin for Jenkins」

Microsoftは2017年8月8日(現地時間)、Microsoft AzureをPaaSとして利用するAzure App Serviceで、Jenkinsを使用する「Azure App Service plugin for Jenkins」の活用を公式ブログでうながした。

Azure App Service plugin for Jenkins利用時の展開イメージ

JenkinsはCI(継続的インテグレーション)とCD(継続的配信)サービスを提供するJavaベースのOSS(オープンソースソフトウェア)として、開発者の間では広く使われている。Microsoftは公式ブログで「プラグインを利用することで、Webアプリケーション用Git&FTPやDockerなどAzure Web Appへの展開が可能」と説明、JenkinsfileでPipelineを定義すればプラグイン上でも展開指定を行える。

Azure Web Appは.NETやPython、Javaなど各種開発言語を用いてWebサイトやWebアプリケーションの構築・管理環境として、スケール拡張やロードバランシングといった基盤の状態を気にせず、コード開発や管理に集中できるのが特徴的。Web App for Linuxは現在パブリックプレビュー版で日本の東西2リージョンでは利用できない。

阿久津良和(Cactus)



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事