アルファロメオ新型「ジュリア」9/6発表へ - 初代の血統受け継ぎつつ新設計

FCAジャパンは、アルファロメオの高性能スポーツサルーン「ジュリア」の新型モデルを9月6日に発表する。アルファロメオでは、「ジュリア」を長い歴史を持つ同社の過去と現在をつなぐモデルと定義。今回発表される新型「ジュリア」は、初代の血統を受け継ぎながらも、白紙から新設計した最新のFRモデルとなる。

アルファロメオ「ジュリア」

アルファロメオを代表するモデルである「ジュリア」は、1962年に初代モデルが登場。当時としては稀だった空気力学を取り入れたボディに、最先端のDOHCエンジンを搭載した革新的なモデルだった。この初代「ジュリア」からは高性能モデルやさまざまなバリエーションが派生し、後世にも語り継がれる名車となっている。

新型「ジュリア」は、こうした初代の血統を受け継ぎながら、新設計FRアーキテクチャーで開発。車の基本性能を決定づけるアーキテクチャーを白紙から設計し、優れた走行性能とドライビングエクスペリエンスを追求した。その結果、新型「ジュリア」は50:50の理想的な重量配分とFRスポーツサルーンらしい上質な操縦感覚、クラストップレベルのパワーウエイトレシオを実現している。

エクステリアデザインは、独創的でありながらシンプル。フロントの短いオーバーハングによって強調されるダイナミックなプロポーションは、エンジン縦置きのFRアーキテクチャーだからこそ実現した。9月6日の発表では、「ジュリア」シリーズの全貌が明らかになり、日本導入モデルのラインアップと価格も発表される。

関連キーワード

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事