職場で不快な会話ランキング、1位に選ばれたのは?

 

キャリアインデックスは8月8日、 「オフィスの中で不快に思う会話」について尋ねた「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.17」を発表した。調査期間は2017年5月26~29日、調査対象は過去3年以内に転職経験のある関東在住の有職者、有効回答は515人(複数回答可)。

不快な会話1位は「偏見に基づいた会話」

同調査では、男女それぞれのアンケート結果をランキング化。不快な会話1位は男女ともに「偏見に基づいた会話(性別・外見・趣味など)」(女性42.9%、男性32.5%)となった。

「オフィスの中で不快に思う会話」ランキング

2位以下のランキングをみると、女性は、2位「性的な話題」(41.6%)、3位「上司の悪口」(28.2%)、4位「政治・宗教の話題」(26.1%)、5位「仕事のグチ」(22.7%)と続いた。

男性は、2位「上司の悪口」(32.1%)、3位「仕事のグチ」(30.7%)、4位「性的な話題」(20.9%)、5位「政治・宗教の話題」(19.9%)となった。

男女で大きな差がみられたのは「性的な話題」で、女性の4割超が不快と回答したのに対し、男性は女性の約半数に当たる2割程度にとどまった。また「ギャンブルに関する話題」(女性7位:19.3%、男性10位:11.2%)についても、女性の方が不快と思う割合が高かった。一方、男性の方が不快だと感じる割合が特に高かったのは「仕事のグチ」で、その差は8ポイントだった。

同社は「女性ではプライベートな話で、男性では仕事にまつわるネガティブな話で、それぞれ不快に感じる傾向があると考えられる」と分析している。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事