GNU C Library 2.26公開 - Unicode 10.0.0サポート

The GNU C Library is used as the C library in the GNU systems and most systems with the Linux kernel.

8月2日(米国時間)、「GNU C Library 2.26 released [LWN.net]」において、GNU C Libraryの最新版となる「GNU C Library 2.26」の公開が伝えられた。GNU C LibraryはGNUシステムやGNU/Linuxシステムで広く使われているCライブラリ。

バージョン2.26における主な機能は次のとおり。

  • malloc(3)へスレッド毎キャッシュを追加。特定用途で大幅な性能改善を実現
  • Unicode 10.0.0をサポート(文字エンコーディング、文字型情報、音訳テーブルアップデート)
  • ハンガリー文字の取り扱い向上
  • DNSリゾルバの改善
  • GLIBC_TUNABLES環境変数を使ったユーザレベルのチューニング機能をデフォルトで有効化
  • 確保したブロックをreallocのようにリサイズする機能を追加(OpenBSDより移植)
  • Cプリプロセッサアセンブラ言語からerrno.hの利用を改善
  • ia64、powerpc64le、x86-32、x86-64においてmathライブラリがデフォルトで128ビット浮動焦点を利用(ISO/IEC/IEEE 60559:2011 (IEEE 754-2008)、ISO/IEC TS 18661-3:2015)
  • 浮動小数点型に関連する新しい関数およびマクロの追加

glibcはLinuxディストリビューションやさまざまなLinux向けアプリケーションで利用されている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事