今は買い時ではない? マンション価格、7割弱が「高い」と回答

不動産のセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」(スタイルアクト運営)は8月4日、「第38回 マンション購入に対する意識調査」の結果を発表した。調査期間は2017年7月1~4日、有効回答は210人。

7割弱がマンション価格は「高い」と回答

現在のマンション(分譲価格・金利・税制含む)の購入価格をどのように感じているか尋ねたところ、67.6%が「高い(購入を諦めるほど+ためらうほど、以下同)」と回答。「高い」の割合は2015年7月以降、6割超えが続いている。

現在のマンション価格への意識

また現在の購入価格について、東京23区では「高い」との回答は74.8%だったのに対し、他のエリアでは57.5%と、17.3ポイントの差がついた。同調査では「東京23区の価格に対する割高感が強い傾向にある」と分析している。

買い時かどうかとの問いに対しては、「買い時ではない(買い時ではない+余り買い時ではない)」が46.7%を占め、2017年4月の前回調査より4ポイント増加。買い時DIはマイナス27.6ポイントと、2015年10月以降、マイナスが続区結果となった。

1年後のマンション価格については、過半数の54.8%が「横ばい」と予想し、割合は前回より8ポイント増えた。同調査では「高いと判断しながらも大きな価格下落を予測する層は少ない」とみている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事