Cat-M1端末の普及へ前進 - アンリツのテストケースがGCF認証取得

アンリツは、LTE-Advanced RFコンフォーマンステストシステム「ME7873LA」において、Cat-M1の80%以上のテストケースでGCF(Global Certification Forum)認証を取得したことを発表した。また、GCFはこれを受け、Cat-M1端末の認証を開始。これにより、Cat-M1端末は規格適合性が保証され、相互接続性が確保された。

LTE-Advanced RFコンフォーマンステストシステム「ME7873LA」

GCFは、携帯端末のグローバルな相互接続性を保証するため、ネットワークでの運用基準や携帯端末の認証試験基準を定めている団体。同団体により承認された測定システム、測定項目は、そのテスト性能(測定手順、測定確度)が、携帯端末用認証試験で要求される条件に適合するものとして保証される。

現在、北米の通信会社がCat-M1サービスを導入しており、日本、欧州などの通信会社も2017年中にはサービス開始を予定している。しかし、Cat-M1端末は各国のメーカーが開発・製造することから、相互接続性の確保が課題となっている。

こうした状況を受けGCFは、同端末の認証を行い、規格適合性を保証している。端末認証を開始するための条件として、測定器メーカーに80%以上のコンフォーマンステストケースでGCF認証を取得することを要求している。

アンリツは、2017年4月、Cat-M1規格のRFコンフォーマンステストケースの約50%でGCF認証を取得。さらに、2017年7月に開催されたGCF会議において、新規に開発したRFコンフォーマンステストケースで認証を取得した。この結果、日本、欧州、北米で使用される周波数に対応したCat-M1端末への、80%以上のGCF認証テストケース提供を実現した。

なお、同社は、GCFの端末認証開始条件を達成したことにより、Cat-M1サービスの早期普及につなげていくと説明している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事