ChromeとFirefoxが増加 - 7月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年7月のデスクトップブラウザシェアが発表された。7月ChromeとFirefoxがシェアを増やし、Microsoft Internet Explorer、Safari、Operaがシェアを減らした。Internet Explorerのシェアは減少しているが、Microsoft Edgeのシェアは変わっていない。Internet Explorerからほかのブラウザへのシェア流出が続いている様子が見える。

デスクトップにおけるSafariのシェア増減はMacのシェア増減に依存する傾向がある。7月はMacのシェアが減少しており、これに合わせてSafariもシェアを減らしたものと見られる。

Google Chromeは依然としてシェアを増加させる傾向を継続している。7月の段階で59.57%と6割近いシェアを確保しており、今後も同様に増加の傾向が続くことが予想される。

2017年7月ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications報告

2017年7月バージョン別ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications報告

2017年7月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2017年7月バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Chrome 59.57% 59.49%
2 Microsoft Internet Explorer 16.50% 16.84%
3 Firefox 12.32% 12.02%
4 Microsoft Edge 5.65% 5.65% =
5 Safari 3.66% 3.72%
6 Opera 1.21% 1.25%
7 proprietary/undetectable 0.30% 0.37%
8 Konqueror 0.01% 0.01% =
9 Obigo 0.00% 0.00% =
10 Android Browser 0.00% 0.00% =
順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Chrome 59.0 35.94% 6.61%
2 Microsoft Internet Explorer 11.0 13.14% 13.26%
3 Firefox 54 6.79% 2.89%
4 Chrome 45.0 6.08% 8.40%
5 Microsoft Edge 14 4.78% 4.98%
6 Chrome 58.0 4.25% 32.14%
7 Chrome 49.0 2.64% 2.65%
8 Safari 10.1 1.93% 1.91%
9 Chrome 55.0 1.61% 0%
10 Chrome 50.0 1.39% 1.40%
11 Microsoft Internet Explorer 8.0 1.35% 1.62%
12 Firefox 40 1.15% 0%
13 Microsoft Internet Explorer 9.0 1.10% 1.07%
14 Chrome 53.0 1.09% 1.00%
15 Firefox 52 0.98% 0.96%
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事