うすた京介、矢吹健太朗が審査するマンガ賞、受賞者に割り箸やティッシュも

第2回「うすた京介 漫画賞」PC版の募集ページ。(c)うすた京介/集英社

うすた京介と矢吹健太朗がそれぞれ審査委員長を務める、第2回「うすた京介 漫画賞」「矢吹健太朗 漫画賞」の作品募集が、少年ジャンプ+内のマンガ投稿サービス・少年ジャンプルーキーにて本日7月28日にスタートした。

2016年にも実施されたうすたと矢吹の名前を冠した同マンガ賞。大賞受賞者には賞金50万円とトロフィー、少年ジャンプ+への掲載権が授与されるほか、「うすた京介 漫画賞」ではうすたが選定した割り箸1年分、「矢吹健太朗 漫画賞」では矢吹も愛用しているという銘柄のティッシュ1年分がプレゼントされる。

応募の締切は「うすた京介 漫画賞」が10月15日、「矢吹健太朗 漫画賞」が12月15日。作品の募集開始に際し、うすたは「手軽に有名になりたい皆さんに魂の込もった死ぬ程面白い作品、クソみたいな作品をどんどん送って頂きたいと思います!」、矢吹は「今回も矢吹の名前にとらわれず自分の良いと思う作品をどんどん投稿してください!大事なのは読む人を楽しませようと思う気持ちです」とコメントを寄せている。

うすた京介コメント

どうせこんなの1回で終わりだろと思ったら、なんと第2回の開催が決定しました!
これはもう他にやる人がいないからではなく、第1回があまりにも大好評だったとしか思えません。
そんな話題騒然の第2回うすた賞、手軽に有名になりたい皆さんに魂の込もった死ぬ程面白い作品、クソみたいな作品をどんどん送って頂きたいと思います!
なんと今回も僕が普通に審査します!

矢吹健太朗コメント

昨年好評をいただき、一度きりかと思っていた矢吹賞をまた募集する事になりました。今回も受賞者の方とはお会いして色々お話したいと思っています。
前回は「ラブコメがメインの漫画賞になるのかな?」と思ってたらシリアスやギャグまでバラエティに富んだ力作が集まりました。
今回も矢吹の名前にとらわれず自分の良いと思う作品をどんどん投稿してください!
大事なのは読む人を楽しませようと思う気持ちです。
僕も全力で審査させていただきます!!


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事