楽天と電通がデジタルマーケティングの新会社 - 9000万のビッグデータを活用

楽天と電通は7月26日に共同記者発表会を開催し、楽天グループの持つ約9000万人の会員データと電通グループの持つマスメディアなどのデータ・知見を融合させた新たなマーケティングソリューションの提供を行う新会社「楽天データマーケティング株式会社」を設立し、10月より営業を開始すると発表した。新会社の資本金は1億円で、出資比率は楽天が51%、電通が49%。

新会社のロゴ

新会社では、「楽天市場」における企業向けのブランドタイアップ企画の提供をさらに強化するとともに、楽天グループのビッグデータを活用した顧客分析に基づくパーソナライズされた広告商品の開発を通じ、企業のプロモーション展開を支援していく。ネットに接続されたテレビの視聴率データと楽天市場の購買データまたは実店舗での利用データを、IDを介して直結させることなどが可能になるという。

楽天 代表取締役会長 兼 社長の三木谷浩史氏は「楽天の持っているデータは非常に価値の高いものであり、それをどう活用していくかずっと考えていた。今回、広告業界最大手である電通と組むことで、デジタルマーケティングにおける、今までにない画期的なソリューションを提供する準備ができたと考えている」と設立までの背景を語った。

楽天 代表取締役会長 兼 社長の三木谷浩史氏

新会社では、ブランドの顧客戦略立案の支援やデジタル分野にとどまらない統合メディアプランニングサービスも提供する予定だという。

電通 執行役員 兼 電通デジタル 代表取締役CEOの榑谷典洋氏は「デジタル環境に適合した新しく強力なソリューションを提案できると考えている。この新会社を通じて日本、そして世界のマーケティングにイノベーションを進めていきたい」と展望を述べた。

電通 執行役員 兼 電通デジタル 代表取締役CEOの榑谷典洋氏

なお、新会社の代表取締役社長には、ヤフーやグーグルなどのインターネット企業を経験し、2017年から楽天 副社長執行役員兼CRO(Chief Revenue Officer)に着任した有馬誠氏が就任する。

新会社の代表取締役社長に就任した有馬誠氏

有馬氏は「広告を実施した結果どの程度効果があり、購買に結びついたのかという分析をテレビコマーシャルで行うことができるようになる」と新会社の持つポテンシャルを語った。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事