松本人志、"若者のフルーツ離れ"に共感「食べるタイミング分からない」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、23日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、「若者のフルーツ離れ」に共感し、これまで抱いてきた疑問を投げかけた。

松本人志

この日は、過去の未公開シーンを集めた「やっと放送できるSP」。その中で、視聴者から寄せられた「若者のフルーツ離れが加速しているという記事を見ました。確かに一人暮らしだと果物を食べる機会がほとんどありません」に対して、松本は「ちょっと分かる」と反応して頷いた。

松本にとっては、「フルーツは昔から言うてる。食べるタイミングが分からない」というひそかな悩み。「例えばみかん、嫌いじゃないですよ。いつ食べるの?」と例を挙げた。

さらに、「朝ごはん食べた後、僕はコーヒーを飲みたいんですよ。コーヒーとみかんは全く合わない。歯を磨いた後にみかんを食べたらクッソまずい。歯磨き前は食べることないでしょ。寝る前は食べる? 食べへんでしょ」と1日の生活を振り返りながら、「いつみかん食べんねん!」とツッコミを入れると、司会の東野幸治(49)からは「小腹が空いた時に」という意見が出る。

これにも松本は、「小腹が空いた時にみかん食う?」「ないかなぁ。わざわざ食わんな」と理解ができない様子。パイナップルを食べることもあまりないそうで、「歯に挟まるじゃない? そういうのも嫌」と理由を語り、あらためて「若者のフルーツ離れ」に「すごくわかるなぁ」と共感していた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事