国内銀行92行「平均年間給与」、第2位は東京スター銀行 - 第1位は?

国内銀行92行の平均年間給与に関する調査(2017年3月期)の結果を発表した。国内銀行92行の2017年3月期の平均年間給与(基本給与と賞与・基準外賃金の合計)は615万2000円(中央値620万5000円)だった。前年の620万3000円から5万1000円減少(0.8%減)し、2012年3月期以来、5年ぶりに前年を下回ったという。

平均年間給与のトップは、4年連続で三井住友銀行(814万8000円)が守ったが、前年より15万3000円減少(1.8%減)した。2位は東京スター銀行(812万2000円)、3位はスルガ銀行(810万6000円)が僅差で続き、トップ3の順位は3年連続で同じだった。

上位30行のうち、前年より平均年間給与が伸びたのは、スルガ銀行、あおぞら銀行、第四銀行など8行にとどまり、上位銀行の給与伸び悩みが目立ったとのこと。

銀行別平均年間給与 資料:東京商工リサーチ

業態別の平均年間給与は、大手行が742万8000円(前年比1.5%減、中央値772万5,000円)、地方銀行が632万2000円(同0.7%減、同636万1000円)、第二地銀は556万8000円(同0.8%減、同552万2000円)となった。

大手行との差は、地方銀行が110万6000円(前年117万6000円)、第二地銀は186万円(同192万9000円)、それぞれ低かった。ただ、前年に比べて大手行との給与格差は地方銀行が7万円、第二地銀も6万9000円縮小しており、大手行との差はわずかだが縮まった。

業態別平均年間給与 資料:東京商工リサーチ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事