ビットコイン交換業者13社、市場混乱に備え8月1日に取引停止

登録仮想通貨交換業者を正会員とする日本仮想通貨事業者協会は7月18日、2017年8月1日0:00(日本時間)にビットコインの受け入れと引出に関連するサービスの受付を停止すると発表した。

今般、ビットコインのブロックに関する運営ルールの重大な変更が提案され、本年8月1日に、ビットコインが発明されてから史上初と言っても過言ではない「賛否両論フォーク」を迎える可能性があるという。その時、フォークにフォークを重ね、3つ以上の並行するブロックチェーンが存在する可能性もあるとしている。

これにより、ビットコイン全利用者におけるビットコインの送付・受取に影響が及ぶほか、仮想通貨交換業者・同サービス事業者のサービス運営にも影響が及ぶことが考えられるという。

これを受け、同協会に属する登録仮想通貨交換業者13社はビットコインの受け入れと引出の受付を停止する。ビットコイン以外の仮想通貨、法定通貨の受け入れ及と引出の受付は、平常通りサービスを提供する予定としている。

ビットコインの受け入れと引出に関連するサービスの受付停止を表明している業者は以下のとおり。

  • ビットバンク
  • ビットポイントジャパン
  • QUOINE
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • コインチェック
  • BTCボックス
  • テックビューロ
  • GMO-Z.comコイン
  • CAMPFIRE
  • ビットトレード
  • バイクリメンツ
  • 東京ビットコイン取引所
  • みんなのビットコイン
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事