JR名古屋駅のホームでちょいと一杯のパラダイス!

かきつばた

名古屋できしめんを食べたいとき、気軽に食べられる穴場的なスポットが、JR名古屋駅構内にあるきしめんの立ち食いスタンドです。スタンドは新幹線ホームにも在来線ホームにもありますが、なかでも在来線の1・2番線ホームにある「かきつばた」は、きしめんはもちろん、立ち飲み屋としても使えると評判。ツーリストにとってここは要チェックです!

30分時間の余裕があればぜひ立ち寄りたい名古屋駅の立ち飲みスポット

立ち食いきしめんスタンド「かきつばた」は、JR名古屋駅の在来線ホーム1・2番にあります。外観は普通によく見かける麺類のスタンド。しかし、中に入って驚くのが、多くの客はきしめんではなく、ビールや日本酒を片手につまみを楽しんでいること。 その多くは仕事帰りのサラリーマンですが、もちろん遠方からの旅行者の姿も少なくありません。いわゆる立ち飲みなので、長時間ここで飲み続ける人は皆無。30分ほど軽く飲んで、さっと立ち去る。そんな手軽な使い方ができる、駅ナカのちょい飲みスポットです。

お得なビールや日本酒のセットでほろ酔い気分

入店すると、まず目につくのがカウンター越しに見えるおでんケース。おでんはひとつ100円で、大根や玉子など定番が人気です。また、240円のおつまみきゅうりや、290円の真だこキムチなど、廉価なつまみが豊富です。 オススメは、お得なセットメニュー。生ビールセットと地酒セットはともに620円で、ドリンクにおでん1個と豆腐(または枝豆)付き。日本酒は地元東海地方の地酒を多く揃えていて、旅情をそそる味わいがたまりません。 逆に、東海地方では馴染みが少ないホッピーも味わえます。

女性に人気のワインセット。シメはもちろんきしめんで!

駅のホームでの立ち飲みというと、男性御用達のお店と思われがち。でも、ここでは女性だって十分楽しめるのです。 たとえば「ワインセット」は500円と手頃な値段で、グラスワインとチーズ、ドライソーセージ、クラッカー、枝豆付き。ワインは赤と白が選べ、優雅なひと時が過ごせます。 飲みのシメはやはりきしめんで。やや甘めでダシのきいた味わいはいかにも名古屋を感じさせ、幅広なきしめんの麺がツルツルと喉を通ります。かき揚げきしめんや山菜きしめんなど、トッピングが豊富なのも魅力です。


本記事は「マイナビトラベル」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

新着記事