NEC、RPAソリューションと適用検証・導入後支援サービスを販売

NECは7月18日、RPA(Robotic Process Automation)ソリューションとして、ソフトウェア製品「NEC Software Robot Solution」と、ソフトウェアロボット導入前の適用検証サービス/導入後の支援サービスを販売開始すると発表した。これにより、同社では企業における働き方改革を推進するため、業務運用を自動化・効率化するという。

「NEC Software Robot Solution」の利用イメージ

新製品・サービスの特徴として「既存の作業プロセスでコンピュータ業務の効率化」「導入前の適用検証サービス」「導入後の活用も支援するサービスメニュー」を挙げている。

既存の作業プロセスでコンピュータ業務の効率化については、高度な画面認識性能を持つソフトウェアロボットに対して、データの収集や加工・集計など、パソコンやサーバ上で自動化させたい作業に必要なマウスやキーボード操作を、画面上で登録・実行することで、業務を自動化(CSVなどのデータ読み込みによる処理も可能)できるという。

画面上で行うアプリケーションやシステムの操作を簡単に登録できるため、既存の作業プロセス、システムを変更せずに導入を可能とし、定型業務の効率化(品質向上、処理スピード向上、コスト削減)と、高付加価値業務への人的リソースシフトによる収益性向上に貢献するとしている。

導入前の適用検証サービスに関しては、NECグループ内で選定した発注管理や工数管理などの業務に適用した結果として、年間で約7割の工数削減効果が見込まれており、これらNECグループ内で培った知見をベースにRPAを適用する業務の選定、適用後の業務成果イメージ、実際のソフトウェアロボット開発など、本格導入前における適用検証サービスを3プラン(RPAお手軽プラン/RPA標準プラン/RPAお任せプラン)提供する。

導入後のサービスメニューは、RPA導入後の保守サービスとして、24時間365日対応可能なメニューも用意しているほか、導入後の安心・安全な活用を支援するため、顧客が作成したソフトウェアロボットに対する技術的な問い合わせ対応を行う開発支援サービスや、企業内で多くの担当者がソフトウェアロボットの実装方法を学習できる教育サービスも提供する。

価格は、いずれも税別でNEC Software Robot Solution v1.0の1年間保守込みが288万円、1年間時間延長(保守込み)が305万2000円、3カ月ライセンス(同)が36万円、6カ月ライセンス(同)が72万円、12カ月ライセンス(同)が144万円、PPSupportPack(NEC Software Robot Solution)の通常保守が57万6000円、時間延長保守が74万8800円。

また、RPAお手軽プラン(1業務のRPA化を実施)が80万円、RPA標準プラン(RPAお手軽プラン+成果物一式を作成)が150万円、RPAお任せプラン(RPA標準プラン+複数業務から業務選定)が350万円。そのほかのサービスラインアップとして開発支援サービスの1年契約が100万円、1カ月期間契約が10万円、教育サービスの基礎研修(3時間研修、5人まで)が13万円、総合研修(2日間、5人まで)が45万円。

今後、NECグループの本社機能を分担するNECマネジメントパートナーにおいて、7月から本ソリューションをバックオフィス業務に適用することにより、業務の効率化と高度化による従業員の働き方改革を推進し、適用成果を今後の強化に反映していく方針だ。販売目標は、今後5年間で30億円を目指す。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事