柴崎岳がリーガ1部復帰のヘタフェに加入!…4年契約で“個人昇格”が決定

ヘタフェ移籍が決まった柴崎岳 [写真]=Getty Images

 ヘタフェは17日、MF柴崎岳の獲得をクラブ公式サイトで発表した。契約は2021年までの4年間で、現地21日の午前11時に加入会見が行われる。

 新天地は1年でのリーガ・エスパニョーラ1部復帰を果たしたヘタフェに決まった。柴崎は1部昇格プレーオフの決勝で同クラブと対戦し、ホーム&アウェイの2試合で連続アシストを記録。だが、テネリフェは2戦合計2-3で敗れ、ヘタフェに1部昇格を譲っていた。

 現在25歳の柴崎は今年1月末に鹿島アントラーズからリーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェへ移籍。加入当初は新天地への適応に苦しんだ時期もあったが、シーズン終盤に本来の力を発揮し、16試合出場2ゴール4アシストを記録した。テネリフェとの契約は6月30日で満了を迎え、セルタ、アラベス、マラガ、ベティスなども関心を示していると報じられていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事