ロッテ・加藤がサヨナラ打!伊東監督「翔平に賭けた」

逆転サヨナラ打を放ち、ナインから手荒い祝福を受けるロッテ・加藤(左端)=ZOZO
マリン(C)KYODO NEWS IMAGES

○ ロッテ 3 - 2 オリックス ●
<15回戦 ZOZOマリン>

 ロッテが加藤翔平の2点タイムリーでサヨナラ勝ちを収めた。

 ロッテは1点を追う9回、一死後、ペーニャがフェンス直撃の二塁打を放ち出塁。中村奨吾が右飛に打ち取られ二死となったが、続く代打・福浦和也の内野安打、大嶺翔太が四球を選び、二死ながら満塁のチャンスを作る。

 ここで打席には1番の加藤翔平。「もう代打要員として外野手では、伊志嶺しかいなかった。翔平に賭けた」(伊東勤監督)。加藤は簡単に追い込まれるが、3球目と4球目、低めのボールを冷静に見送ると、守護神・平野佳寿が投じた5球目のストレートを弾き返し、二者が生還しサヨナラ勝ち。ロッテは後半戦初戦をモノにした。

 伊東勤監督は「どういう形であれ、今は勝つことが大事。一番いい形で最後、終わらせることができた」と劇的なサヨナラ勝ちを喜んだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事