JAL、木製車いすを全国の空港へ - 保安検査場の通過を容易に

JALは7月12日、福祉機器メーカーであるキョウワコーポレーションが共同開発した木製車いすを、日本国内の空港に順次導入すると発表した。この木製車いすは、主要パーツに白樺の木を採用し、留め具には樹脂を使用することで完全な非金属性となっているため、車いすに乗ったままで保安検査場を通過することができる。

主要パーツに白樺の木を採用した木製車いす

これ以前にも、同社は2011年より、非金属性の竹製車いすを一部空港に導入していた。今回の木製車いすの開発により、さらに多くの空港に配備することが可能となるという。

初回導入台数は80台で、2018年度までに約250台を配備予定だ。順次、全国の空港へ配備するとしている。ただし、羽田空港国際線ターミナルではこの木製車いすではなく、就航する各社共通の車いすを使用する。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事