[URAHARA]原宿が舞台のテレビアニメが10月スタート 春奈るなが声優初挑戦

アニメ「URAHARA」のビジュアル(C)URAHARA Film Partners

 米国のアニメ配信サービス「クランチロール」で連載中の小説「PARK: HARAJUKU Crisis Team!」が原作のテレビアニメ「URAHARA」が制作され、10月から放送されることが13日、分かった。原宿が舞台のアニメで、「おはなしの花」などの久保亜美香さんが監督を務め、「STAND BY ME ドラえもん」などの白組と「くまみこ」のEMTスクエアードが制作する。また、歌手の春奈るなさんが女子高生の須藤りと役で声優に初挑戦するほか、上坂すみれさんや石見舞菜香さんが出演する。

 春奈さんは「声優さんってキャラに命を吹き込むあの神職業のことですよね? これは夢ですか?? 私でいいんですか??? 緊張で失神寸前ですが、真正面から向き合って精いっぱい演じさせていただきます!」と意気込んでいる。

 「URAHARA」は文化、オシャレ、カワイイが集まる原宿を舞台に、期間限定ショップ「PARK」を展開する女子高生3人が、地球の文化を奪いつくそうとする宇宙人・スクーパーズと戦う姿を描く。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:久保亜美香▽演出主任:荒川真嗣▽シリーズ構成:高橋ナツコ▽原案:パトリック・マシアス(クランチロール)▽キャラクター原案:たなか麦(PARK)▽キャラクターデザイン:藤田まり子▽メカデザイン:やまだたかひろ▽タイトルロゴデザイン:NC帝國▽アニメーション制作:白組×EMTスクエアード


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事