相鉄「アルミ車両運行50周年記念入場券」発売へ - 特製ホログラムカードも

相模鉄道は15日から「相模鉄道アルミ車両運行50周年記念入場券セット」を販売開始する。同社初のアルミ車両6000系(6021号車)が1967年7月に運行開始してから今年で50周年を迎えることを記念した商品。相鉄線8駅のD型硬券入場券8枚と特製ホログラムカード、台紙がセットになって販売される。

相模鉄道で最初のアルミ車両6000系(6021号)

2016年に登場した9000系リニューアル車両

相鉄線8駅(横浜駅・星川駅・西谷駅・二俣川駅・大和駅・海老名駅・いずみ野駅・湘南台駅)の入場券には、相模鉄道の代表的なアルミ車両がデザインされている。特製ホログラムカードは名刺サイズで、表面は相鉄で最初のアルミ車両6021号車、裏面は最新の9000系リニューアル車両をデザインした。1セット1,200円、2,000セット限定で販売される。

7月15日から8月31日まで入場券の券面に書かれた8駅で販売された後、9月1日から12月29日まで海老名駅改札外コンコースの「相鉄グッズショップそうにゃん」で販売する。その他、各種イベント会場で販売も予定している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事