アンリツ、次世代高速インタフェースのBER測定器を発売

アンリツは、BER測定器の新製品であるシグナルクオリティアナライザ-R(SQA-R)「MP1900A」シリーズを開発、販売開始した。同製品は、200G/400Gイーサネットなどの次世代ネットワークインタフェースと、PCI Express Gen4/5などの高速バスインタフェースの設計・検証で必要とされるBER測定器だ。

SQA-R 「MP1900A」シリーズ

同シリーズは、低残留ジッタ(115fs rms)のパルスパターン発生器と高感度(15mV)のエラー検出器を搭載している。また、10タップエンファシス機能とマルチバンドCTLEにより、伝送路で劣化したアイ信号のBER測定も行える。さらに、ノイズジェネレータでは、さまざまなジッタやノイズを信号に付加でき、再現性の高い耐力試験を行えるという。そのほか、最大16チャネルの32Gbit/sパルスパターン発生器とエラー検出器、ジッタ/ノイズ付加機能を用途に応じて選択できる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事