PythonがJavaに迫る勢い - 7月PYPL開発言語ランキング

PYPL PopularitY of Programming Language Index

2017年7月の「PYPL PopularitY of Programming Language」が公開された。PYPLはGoogle検索エンジンにおいてプログラミング言語のチュートリアルが検索された回数から、対象となるプログラミング言語がどれだけ話題になっているかをインデックス化したもの。チュートリアルの検索回数を人気度と位置づけてランキングしている。

2017年7月におけるインデックスは次のとおり。

順位 プログラミング言語 インデックス値 推移
1 Java 22.6%
2 Python 16.4%
3 PHP 9.1%
4 C# 8.2%
5 Javascript 8.0%
6 C++ 6.6%
7 C 6.5%
8 R 3.7%
9 Objective-C 3.6%
10 Swift 2.8%
11 Matlab 2.5%
12 Ruby 1.8%
13 VBA 1.4%
14 VisualBasic 1.3%
15 Scala 1.2%
16 TypeScript 1.2%
17 Perl 0.8%
18 Go 0.5%
19 lua 0.4%
20 Kotlin 0.4%
21 Delphi 0.3%
22 Rust 0.3% =
23 Haskell 0.3% =

7月PYPL PopularitY of Programming Language Index / 円グラフ

7月PYPL PopularitY of Programming Language Index / 棒グラフ

長期に渡ってJavaが第1位を維持しているが、シェアは徐々に下がってきている。ほかのプログラミング言語ランキングでも同様の傾向を示している。PYPLプログラミング言語ランキングではPythonが高いポイントを獲得しており、そのポイントは徐々にJavaに迫ってきている。Pythonは採用されるシーンを増やしており、このままの傾向が続いた場合はPythonがJavaを超える可能性がある。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事