「+675」、パプアニューギニアからの不審な電話に要注意

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが「+675」から始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話の着信について、7月4日より注意を促している。各社とも着信履歴に心当たりがない場合は折り返しの電話をしないよう呼びかけている。

「+675」から始まる着信に注意

折り返し電話をした場合、各社の国際電話料金に応じた通話料がかかってしまい、高額となる場合がある。パプアニューギニアへ発信すると、NTTドコモは平日8時から19時まで68円/30秒でそれ以外の時間は63円/30秒、KDDIは65円/30秒、ソフトバンクは249円/30秒の通話料金がかかることになる。

パプアニューギニアは、オーストラリアやインドネシアの付近にある赤道直下の国で、地理的にはオセアニアに位置している。ちなみに首都はポートモレスビー。地図データ (C)2017 Google

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事