IEのみ減少 - 6月ブラウザシェア

Net Applicationsから2017年6月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2017年6月はChrome、Firefox、Microsoft Edge、Safari、Operaがシェアを増やし、Internet Explorerがシェアを減らした。Internet Explorerのシェア減少と比べて、ほかのブラウザの増加分は小さいものにとどまっており、Internet Explorerのユーザーがほかのユーザにー分散していった形になっている。

MicrosoftはこれまでのWindowsプラットフォームをWindows 10へ移行させる取り組みを進めている。Windows 10からはMicrosoft Edgeがデフォルトのブラウザとなり、Internet Explorerは互換性を確保するために保持されている。しかし、Internet ExplorerのユーザーはMicrosoft Edgeを選択するのではなく、ほかの主要ブラウザへ移行する動きを見せている。今後もMicrosoft Internet Explorerは減少傾向が続くものと見られる。

2017年6月ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications報告

2017年6月バージョン別ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications報告

2017年6月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2017年6月バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Chrome 59.49% 59.36%
2 Microsoft Internet Explorer 16.84% 17.55%
3 Firefox 12.02% 11.98%
4 Microsoft Edge 5.65% 5.63%
5 Safari 3.72% 3.56%
6 Opera 1.25% 1.24%
7 proprietary/undetectable 0.37% 0.28%
8 Konqueror 0.01% 0.01% =
9 Obigo 0.00% 0.00% =
10 Mozilla 0.00% 0.01%
11 Android Browser 0.00% 0.01%
順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Chrome 58.0 32.14% 29.59%
2 Microsoft Internet Explorer 11.0 13.26% 13.71%
3 Chrome 45.0 8.40% 5.52%
4 Chrome 59.0 6.61% 0%
5 Microsoft Edge 14 4.98% 4.89%
6 Firefox 53 4.76% 6.76%
7 Firefox 54 2.89% 0%
8 Chrome 49.0 2.65% 3.09%
9 Safari 10.1 1.91% 1.72%
10 Microsoft Internet Explorer 8.0 1.62% 1.65%
11 Chrome 50.0 1.40% 1.42%
12 Chrome 57.0 1.31% 9.51%
13 Microsoft Internet Explorer 9.0 1.07% 1.14%
14 Chrome 53.0 1.00% 1.31%
15 Firefox 52 0.96% 1.15%
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事