スバル「WRX S4」改良"アイサイト・ツーリングアシスト"を搭載 - 画像28枚

SUBARUは3日、ハイパフォーマンススポーツセダン「WRX S4」の大幅改良モデルを8月7日に発売すると発表した。今回の改良では、サスペンションのダンパーやスプリング、スタビライザーのセッティングの最適化と電動パワーステアリングの改良により、フラットな乗り心地やステアリングフィールをさらに向上させた。

スバル「WRX S4」の大幅改良モデルは8月7日発売

「WRX S4」大幅改良モデルはボディ各所に施した振動騒音対策とも相まって、より上質でパフォーマンスの高い走りを実現している。ロングドライブの際にもドライバーを助けるアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をはじめ、後退時自動ブレーキシステムやステアリング連動ヘッドランプを全グレードに標準装備。走りだけでなく、安全性能も飛躍的に向上させている。

エクステリアは、LEDヘッドランプをはじめ、フロントグリルやフロントバンパーなどのデザインを刷新し、フロントフォグランプにLEDを採用。ホイールのデザインも、より力強いデザインへ変更され、「WRX」らしいパワフルでシャープな走りを感じさせるスタイリングを実現した。

「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」のリヤとインパネ

インテリアにおいては、インパネ、センターコンソール、センターパネルをはじめとする各種パネルをより質感の高いものに変更。8インチのナビゲーションにも対応した仕様とし、ビルトインナビのデザインも一新した。これまでにもインパネ中央上部に搭載されていたマルチファンクションディスプレイを5.9インチ大型カラー液晶に変更したことで、より高精細で見やすい車両情報表示としている。

「WRX S4」の価格は336万9,600~373万6,800円(税込)となっている。

「WRX S4」大幅改良モデルの外観・車内イメージ

関連キーワード

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事