Apple、「非合法なビジネスを継続している」としてQualcommを提訴

Appleは米国時間の20日、カリフォルニア州サンディエゴの連邦裁判所において、「非合法なビジネスを継続している」として、Qualcommを提訴した。

Appleは、今年の1月にも、携帯端末用半導体の市場を独占しようとしているとしてQualcommを訴えている。

今回の提訴に際し、Appleは以下のステートメントを発し、Qualcommのビジネスが非合法的であると非難している。

「Qualcomm社の非合法のビジネス慣行はAppleならびに業界全体に害を与えています。同社は弊社に対して単一の通信接続用の部品を供給しているのみですが、数年にわたり、当社製品の総コストのうち一定のパーセンテージを要求し続けており、Appleのイノベーションに対して実質的に負担を強いています。

当社は知的財産の価値を深く信奉していますが、当社のテクノロジーに一切関与していないQualcomm社に対して支払を行なう義務があるとは考えられません。当社製品で採用する標準的なテクノロジーに対しては、当社は常に進んで然るべき代価を支払ってきており、Qualcomm社が道理をわきまえた支払条件の交渉を拒絶したことで、当社としては法廷に助言を仰ぐしかないと考えています。」

Appleの主張は、Qualcommが通信接続用の部品の代金とは別に、法外なライセンス料を要求していて、これが原因で業界全体のイノベーションの足を引っ張るという事態が生じているというものだ。Appleだけでなく、他社においても、例え独自の技術をもって製品を仕上げたとしても、その技術に一切関与しないQualcommにロイヤリティを払い続けるということは大きな負担であるし、イノベーションを阻害するだけでなく、そのコストは、消費者にとって価格に上乗せされる形となって現れるのであるから、Qualcommの一連の施策は、我々にとって、様々な局面で不利益が生じるという状況を招いてると言えるのではないだろうか。

人気記事

一覧

新着記事