芥川賞に2回連続ノミネート古川真人ら、直木賞に柚木麻子ら候補 - 7.19発表

第157回芥川賞・直木賞の候補作が20日、発表された。選考会は7月19日17時から、東京・築地の料亭「新喜楽」で開催され、受賞作は同日のうちに発表される。

古川真人氏
(C)新潮社写真部

今村夏子氏
(C)朝日新聞出版写真部/小原雄輝

温又柔氏
(C)朝岡英輔

沼田真佑氏

芥川賞候補になったのは、2回連続の候補となった古川真人氏の『四時過ぎの船』のほか、今村夏子氏『星の子』、温又柔氏『真ん中の子どもたち』、沼田真佑氏『影裏』の計4作品。

柚木麻子
(C)岡本あゆみ

木下正輝氏

佐藤巌太郎氏

佐藤正午氏

宮内悠介氏
(C)鐘ヶ江明日洋

直木賞候補になったのは、岡田将生・木村文乃が共演する来年公開の映画『伊藤くん A to E』の原作者でもある柚木麻子氏の『BUTTER』のほか、木下正輝氏『敵の名は、宮本武蔵』、佐藤巌太郎氏『会津執権の栄誉』、佐藤正午氏『月の満ち欠け』、宮内悠介氏『後は野となれ大和撫子』の計5作品となっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事