兄を演じる15歳少女に10歳のママ、シェアハウスの疑似家族4コマがきららMAXで

「彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと」

アカコッコによる新連載「彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと」が、本日6月19日発売のまんがタイムきららMAX8月号(芳文社)にてスタートした。過去にゲスト作品として同誌に登場した作品の連載化だ。

「彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと」は、住人が1人ずつ家族の役を割り当てられる変わったシェアハウスを舞台にした4コマ作品。兄役に選ばれた15歳の少女・七瀬を中心として、13歳の妹・かりん、10歳の若さでママ役をするつぐみ、20歳のパパ・マキと、年齢や性別的に無理があるものの疑似家族として各々に与えられた役割を演じる少女たちのやり取りを描く。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事