キヤノン、全国ショールームにて小学生向け夏休み体験イベント

 

キヤノンキッズパーク 2017

キヤノンマーケティングジャパンは、品川・銀座・名古屋・大阪の各キヤノンショールームにて、小学生とその保護者を対象としたイベント「キヤノンキッズパーク 2017 ~自由研究のヒントがいっぱい! 夏休み体験イベント~」を開催する。期間は7月21日から8月31日まで。一部プログラムは、公式サイトにて事前申し込みが必要だ。

小学生とその保護者向けの無料イベントで、「科学」「技術」「写真」「光学」「環境」など、キヤノンの事業と関連のあるテーマに基づいたステージや体験教室などを実施する。イベントは、スペシャルイベント、体験ワークショップ、お楽しみ自由参加イベントの3種類となっている。

スペシャルイベントは3つ。1つ目は、TVなどで活躍する環境パフォーマーのらんま先生によるサイエンスマジック、ジャグリングなどのパフォーマンス「~手作りプラネタリウムをつくってみよう!~」(品川・大阪にて開催)。2つ目は、プロ写真家でペット撮影の第一人者である中村洋子先生の特別セミナー「親子ですてきなペット写真を撮ろう!」(品川・名古屋・大阪にて開催)。3つ目は、人気の鉄道写真家である久保田敦先生・村上悠太先生による特別セミナー「親子でかっこいい鉄道写真を撮ろう!」(品川にて開催)。

テレビなどで活躍するらんま先生

ペット撮影の第一人者、中村洋子氏が教えてくれる

全会場で実施する体験ワークショップは3つ。1つ目は、カメラを修理するスタッフを講師に招き、エンジニアの仕事が体験できる「エンジニアの仕事を体験してみよう!」。2つ目は、磁石や水を使ってリサイクルの分別を行い、リサイクルの大切さとキヤノンのカートリッジリサイクルの方法を学べる「素材の特性を知って、リサイクルを学ぼう!」。3つ目は、初めて一眼レフを持つ子供向けに一眼レフカメラの構え方や簡単な操作方法を紹介し、子供が自由に撮影、写真を現像する一眼レフ体験ができる「デジタル一眼レフカメラにチャレンジ!」。ほかにも各会場ごとに体験イベントが用意されている。体験ワークショップはすべて、6月26日の12時以降に先着で申込受付を開始する。

子供のうちに一眼レフを触れるのはいい体験

そのほか、お楽しみ自由参加イベントとして、「キヤノンクイズラリー」や「不思議な貯金箱をお家で作ってみよう!」が全会場で実施されるほか、各会場ごとに自由参加イベントが用意されている。

人気記事

一覧

新着記事