山田孝之、日本アカデミー賞から「声がかからない」不満 - 突然のメガネも

俳優の山田孝之が17日、都内で行われた主演映画『映画 山田孝之 3D』(6月17日公開)の公開記念舞台挨拶に、芦田愛菜、松江哲明監督、山下敦弘監督とともに登場した。

山田孝之

同作は、テレビ東京系ドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』をきっかけに生み出された。「山田孝之」とは何者なのか、思考にダイブする、脳内スペクタクル3D映画となる。

放送されたドキュメンタリードラマでは、カンヌのために奔走していた山田。芦田から「今の山田さんにとって、賞をとることを目的として映画を作る、というのはないと思うんですが」と話を振られると、「賞のことしか考えてません」ときっぱり否定した。

山田は「いい芝居、いい映画、いい俳優、どうでもいいです。なんとかして、まずは日本アカデミー(賞)から。18年間、未だに声がかからない!!」と声を荒げて主張。「何としてでも、どんな手を使ってでも、賞をとりたいと思います」と力強く宣言した。松江監督が冷静に「どんな手を使うと、とれるものなんですか?」と質問すると、山田は「いろいろ試してみます。まずは貯蓄を増やしてみます」とプランを発表した。

また、山下監督がしゃべっている間、急にメガネをかけて知的な姿になった山田。客席にはクスクス笑いが起こっており、報道陣も急にカメラを構えて山田のメガネ姿を撮り出したが、山田もすぐにメガネを外し、特に誰も触れないまま舞台挨拶が進んだ。最後に司会者が「どうして途中、メガネをかけたんですか?」と尋ねると、山田は「知り合いが今日いっぱいいるから探したんですけど、全然わからなかったですね」と理由を明かし、客席も納得していた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事